理想の家づくりトップ > ランクアップ > ○○にこだわるシリーズ > 土佐漆喰にこだわる!

土佐漆喰にこだわる!

ただ一口に漆喰と言っても種類はあり、中には土佐漆喰というブランドもあります。あまり普段は目にすることの少ない土佐漆喰ですが、通常の漆喰と比べて何が異なり、どのような優れた面があるのか、ということについて紹介していきます。

■漆喰の中のブランド土佐漆喰とは?

漆喰自体については、「漆喰の効能とは?」にて紹介してきました。しかし、漆喰は漆喰でも、土佐漆喰というブランドの漆喰があります。土佐漆喰とは、その名の通り土佐、つまり高知県で造られている漆喰のことです。

では、通常の漆喰と土佐漆喰ではどのような違いがあるのでしょうか?

まず、通常の漆喰は粘着力を増すために石灰石にガラス繊維などを混ぜているのですが、土佐漆喰は石灰石に醗酵ワラを混ぜただけとなっていますので、非常に純度が高くなっています。

そのことにより、漆喰自体の保水性が向上することとなります。通常漆喰を施工する際には、乾燥を気にしつつ作業する必要があるのですが、土佐漆喰は乾燥を気にせず作業をすることができるという利点があります。

■味のある壁にするなら第一候補!?

そして、何よりも土佐漆喰が通常の漆喰と違い、ブランドになっている理由というのが、強度、耐水性が非常に高いということが挙げられます。だからこそ、土佐漆喰は屋外の壁用としてもかなり使いやすくなっています。

しかし、土佐漆喰の何よりの特徴としては、やはりその色味にあるのではないでしょうか。通常の漆喰というのはやはり白い色が特徴ですが、この土佐漆喰は少し黄色がかっています。

もちろん、時間が経てばこの黄色も白くなっていくのですが、部屋の中で土佐漆喰を利用した場合はこの黄色が長持ちします。

漆喰を使うだけでも風情のある家を作ることができますが、より一層味のある家を作りたいとなった際にはこの少し黄色がかった土佐漆喰を使うということも選択肢の一つに入ってくるのではないでしょうか。

土佐漆喰にこだわる!まとめ
●土佐漆喰とは、高知県で造られている漆喰のこと
●土佐漆喰は、通常の漆喰に比べて保水性が高く、且つ強度、耐水性が高い
●土佐漆喰は少し黄色がかった色が特徴
理想の家づくりトップ > ランクアップ > ○○にこだわるシリーズ > 土佐漆喰にこだわる!