理想の家づくりトップ > マスター > 家づくりで知っておくべきこと > 追加の変更にはご注意を

追加の変更にはご注意を

家づくりの工事中にもかかわらず、ついつい追加の変更をしたくなる時というのはあります。ただ、安易に追加の変更を行わないためにも、追加の変更における注意点を紹介していきます。

■家が出来上がるにつれ変更したくなるもの!だけど...

家づくりというのは、やはり難しいものですので、初めから100%満足いくものが出来上がることはあまりありません。

そのため、ついつい追加の変更を行う必要が出てきてしまいます。

もちろん、後悔しない理想の家づくりのためにも、納得いかないところは放置しておかず、変更できる部分は変更するに越したことはありません。

とはいえ、当然タイミングによっては追加の変更ができない場合もあります。例えば、間取りなどは、一度工事が始まってしまいますと変更はできませんので、当然着工前までに決めておく必要があります。

家ができていくにつれて、実際に住むイメージも固まってきますので、キッチンなどの設備系などもついつい変更したくなってきます。

しかし、あまり安易に追加の変更してしまいますと、予算オーバーになってしまう恐れがあります。特に、直前の変更の場合は、どうしても工期に影響が出てきてしまう場合がありますので、追加の費用が必要になることが多々あります。

■変更が必要無いように事前にしっかり検討しておこう!

せっかく予算内に収めていたものを、追加の変更をすることによって予算を超えてしまうこともありますので、何よりも、事前にしっかりと検討して決めておく、ということが大事になってきます。

事前に十分悩んで決めたことであれば、そうそう変更する必要が無くなりますので、無駄な出費も抑えることができます。

また、追加の変更に関して言うと、工期が遅れたりなどで、考える時間がありすぎる場合も、ついつい追加の変更してしまいたくなることがありますので、ご注意してください。出来るだけ事前に悩んで決めておく、ということを実践するようにしてくださいね。

理想の家づくりトップ > マスター > 家づくりで知っておくべきこと > 追加の変更にはご注意を