理想の家づくりトップ > ベーシック > 外装編 > ウッドデッキは欲しい?

ウッドデッキは欲しい?

新しい家ではウッドデッキを設置したい方も多いのではないでしょうか?木材はどれにするのか、人工木材にするのかなど、家づくりにおいてウッドデッキを選ぶポイントを紹介していきます。

■ウッドデッキの材質はウリンかイペを採用しよう!

さて、それではウッドデッキについて考えていきましょう。

ウッドデッキはやはり欲しい人は多いのではないでしょうか?せっかくできた庭にウッドデッキを用意して、ウッドデッキの上でバーベキューを行う、となったら聞いているだけでもうらやましいですよね。やはり少しオシャレで豪華なイメージがウッドデッキにはあります。

さて、そのウッドデッキですが、やはり選ぶうえでのキーポイントとしてはウッドデッキで使われる木の材質になります。やはり安い材質でウッドデッキを作ってしまうと、場合によっては一年も持たずに腐ったり、ササクレができてしまったりすることがあります。

そのため、多少高価でも、ウッドデッキの材質としては、ウリンかイペを使うようにした方がいいですね。

ウリンかイペだとメンテナンスをそれほどかけずとも、ある程度の年数は丈夫に使うことができます。ですので、ウッドデッキの広さよりも、材質についてまずはこだわるようにしてください。

■人工の木材を使ったウッドデッキも選択肢に...

また、最近ではウッドデッキであるにもかかわらず、完全なる木ではなく、人工の木材を使ったウッドデッキも出てきています。

廃プラスチックなどを加工したものですので、メンテナンスの手間がかからず、耐久性が非常に高いものになっていますので、ウッドデッキは絶対に本物の木でないとダメ、というこだわりを持っていないのであれば、一度選択肢として考えてみることをお勧めします。

ただし、再三述べていることですが、ウッドデッキも必ずショールームで一度実物を見ることをお勧めします。想像していたのと実際出来上がったものとが違っているとやはり不満に思ってしまうものです。

それと、人によってはウッドデッキを自分で作る、という選択肢もあるかもしれません。ただ、自分で作ることが趣味、という人以外は、手間や出来上がりの完成度を考えると、組み立てはプロに任せた方が間違いはないですよ。

理想の家づくりトップ > ベーシック > 外装編 > ウッドデッキは欲しい?